現在表示しているページ
ホーム > 熊野の神域・那智 > 熊野那智大社
ここから本文です

熊野那智大社

多くの参詣者をむかえた熊野三山の一角。その御利益にあなたの願いを。

熊野那智大社は、那智山青岸渡寺とともに熊野信仰の中心地として栄華を極め、古来より多くの人々の信仰を集めました。
今なお多くの参詣者が訪れ、熊野速玉大社・熊野本宮大社とともに熊野三山の一つです。

467段におよぶ石段の上に建つ6棟からなる社殿は、標高約500mに位置し、夫須美神(ふすみのかみ)を御主神としてそれぞれに神様をお祀りしています。
伊弉冉尊(いざなみのみこと)とも言われる夫須美神は、万物の生成・育成を司るとされ、農林・水産・漁業の守護神、縁結びの神様また、諸願成就の神としても崇められています。

(熊野那智大社 本殿)

社殿は、仁徳天皇の御世(317年)に現在の位置に創建され、平重盛が造営奉行となってから装いを改め、やがて、織田信長の焼討に遭ったのを豊臣秀吉が再興しました。
徳川時代に入ってからは、将軍吉宗の尽力で享保の大改修が行われています。

境内には、日本サッカー協会のロゴにも用いられている“八咫烏(やたからす)”の烏石や、樹齢約850年の大楠が茂っています。
社殿並びに境内は、2004年7月、ユネスコの世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されました。

熊野那智大社参拝可能時間 午前6:00~16:30、  宝物殿8:00~16:00大人300円・小・中200円

熊野那智大社ホームページ

那智大社のイベント

毎年7月14日には、日本三大火祭りの一つ「那智の扇祭り」が行われます。その他、四季を通じて、さまざまな神事が行われます。

四季とイベント

アクセス:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1番地

バス

紀伊勝浦駅から熊野交通路線バス「那智山行き」で、約30分、終点バス停下車、徒歩15分(石段が続く)

自家用車

那智山の県道から、通行料800円の防災道路を通れば、神社・お寺のすぐ隣まで行けます。

このページのトップに戻る