現在表示しているページ
ホーム > 熊野の神域・那智 > 那智山 青岸渡寺
ここから本文です

那智山 青岸渡寺

太閤・秀吉も愛した壮麗なる寺院。那智の滝とのコントラストも絶妙です。

那智山青岸渡寺は、一千日(3年間)の滝篭りをされた花山法皇が、永延2年(988)に御幸され、西国三十三ヶ所第一番札所として定めたとされ、多くの信者や参詣者が全国から訪れています。

如意輪観世音像は、仁徳天皇の時代(4世紀の頃)、インドから那智に渡来した裸形上人が、那智滝の滝壺で見つけ、本尊として安置した言われています。

如意輪観世音を祀る本堂は、天正18年(1590)に豊臣秀吉が再建したもので、桃山時代の特徴を色濃く残しており、2004年7月には、ユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されました。

本堂後方には、那智の滝との調和が美しい朱色の三重の塔がそびえ立っており、必見のフォトスポットとなっています。

那智山青岸渡寺参拝可能時間  5:00~16:00  、三重の塔 8:30~16:00 300円

アクセス:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山8番地

バス

紀伊勝浦駅から熊野交通路線バス「那智山行き」で、約30分、終点バス停下車、徒歩15分(石段が続く)

那智山の県道から通行料800円の防災道路(マイクロバス以上の大型車除く)を通れば、青岸渡寺のすぐ隣まで行けます。

このページのトップに戻る