今月のお得情報。ぜひご覧ください。

今月のお得情報。ぜひご覧ください。

宿泊施設のお得プランはこちらをクリック

・熊野三山を巡る為に便利。熊野交通悠遊フリー3日間切符。くわしはこちらをクリック。

湯めぐりチケット好評発売中。くわしくはこちらをクリック。

那智の扇祭り特別拝観席チケットについて  くわしくはこちらをクリック

・西国三十三所草創1300年記念 三寺スタンプラリー期間延長。くわしくはこちらをクリック

JR東海南紀・熊野古道フリー切符について  くわしくはこちらをクリック

お得なタクシーでの観光駅から観タクン 2019年9月30日まで くわしくは、こちらをクリック。

 

さあ、那智勝浦町でのホエールウォッチングの季節到来ですよ。お泊まりは南紀勝浦温泉で。

那智勝浦町の沖では、毎年3月下旬から9月下司までホェールウォッチングが体験できます。

大海原での感動を是非皆様体験してみてくださいね。

詳しくはこちらをクリック

なお、南紀マリンサービスは、3月下旬から9月下旬まで清丸渡船は、4月下旬から9月下旬まで体験できます

勝浦まちなかツアーマップ(1)

勝浦まちなかじっくりコース

 

 那智勝浦町の歴史、地形、産業をじっくり気軽に楽しめるコース。かつては町の中心だったビン玉通り、ゴジラがみられる弁天島、国内有数のマグロの水揚げを誇る漁港などを巡ります。

歩行距離:約3キロ、所要時間:約30分

 

コースのご案内

 ☆JR紀伊勝浦駅から大通りをまっすぐ2分ほど歩くと勝浦漁港が見えてきます。

 

★勝浦漁港Ⓑ

 延縄漁によるマグロ水揚げでは国内有数の港。市場を一望できる展望スペ

ース「TSUNAGOOD」も併設されており、セリの様子も見学可能(午

前7時から8時。土曜休業)。パネル資料も豊富で「はえ縄漁法」や「南紀熊

野ジオパークとまぐろのつながり」、「昭和初期の勝浦港の写真」などの解

説をご覧いただけます。

 



 ☆漁港を出て2分ほどの距離に足湯「海の湯」があります。

海乃湯

 

★足湯「海の湯」Ⓒ

 海を見ながら誰でも温泉につかることのできる足湯「海の湯」。午前6時から

午後10時まで年中無休で営業しています。右手には那智勝浦町のさまざまな

産品が集う「にぎわい市場」もあります。

 

 

 



 ☆さらに直進し、突き当りを右へ。漁港の街並みの中を道路沿いに1キロほど歩くと「弁天島」が見えてきます。

 

★弁天島Ⓓ

 地形的にも見どころの多いお蛇浦の「弁天島」。朝日に照らされると

「ゴジラ」に似たシルエットとなることもあり、地元住民から親しまれてい

ます。近くの「熊野カフェ」(木曜定休)からは快晴時に那智の滝が遠望で

き、人気スポットとなっています。

※写真は那智大橋から

 



 

 

 

☆弁天島から再び駅の方向へ引き返します。八幡神社を過ぎる

と、右手に欄干へビン玉を取り付けた橋が見えてきます。

 

 

 

 

 

★ビン玉通りⒼ

 橋の途中には昼ごろから夕方まで利用できる足湯「紋寿の湯」があり、

橋を渡り終えると「入船館ーよみがえれ脇仲倶楽部ー」(Ⓕ)の看板が見えてきます。

古き良き那智勝浦町の文化や景観を保存しようと日々ご活動されている脇仲倶楽部

による資料館で、館内にはさまざまな古写真、ビン玉等が並んでいます。

 

 

 

 

 

 

 ここから続く「ビン玉通り」は昔ながらの那智勝浦町の風情を残してい

て、町民の方々も軒先にビン玉を飾り、その風情をいつまでも残していこう

と努めておられます。

 

 

 

 

 

 

 毎週土曜日の日の入りから3時間ほどビン玉ライトアップも実施されており、

ゆったりとした時間を過ごすことができます。

(お問い合わせはよみがえれ脇仲倶楽部事務局℡0735-52-0034)

 

 

 



★紀の松島めぐりⒽ

 

  ビン玉通りの先にある「那智勝浦町港郵便局」を左折する

と、終点の観光桟橋です。紀南の名勝を巡る「紀の松島めぐ

り」の船がここから出発しています(定休日の水曜及び荒天時

を除く)。

那智勝浦町5月おすすめコース

那智勝浦町5月おすすめコース

那智勝浦町観光協会・4月のおすすめ観光コース

那智勝浦町観光協会・4月のおすすめ観光コース

本年の海開きは7月20日(土)です。遊泳期間中イベントも開催。

那智海水浴場
→2019年7月20日(土)~8月25日(日)  ・8月12日 真夏のメリークリスマス開催予定。(宝探しなど)


玉の浦海水浴場
→2019年7月20日(土)~8月18日(日)

湯川海水浴場
→2019年7月20日(土)~8月18日(日)

宇久井海水浴場
→2019年7月20日(土)~8月18日(日)



また、好評だったウォーターパークも再登場です
期間
2019年8月9日(金)~8月18日(日)

究極の熊野古道「大雲取越ウォーク」開催!

 

 

●大雲取越えは、熊野古道・中辺路でも最大の難所とされ、起伏の激しい峠を数カ所越えていくコースです。

 その中でも越前峠からの下りの急坂「胴切り坂」は特に厳しく、健脚が必要です。

しかし見所も多く、素晴らしい景色を望める舟見峠、33体の地蔵がまつられている地蔵堂、

大石に神々が座って談笑したといわれる円座石(わろうだいし)のほか、茶屋跡や旅籠跡など多くの史跡も残されています。

この究極の熊野古道「大雲取越ウォーク」を、ベテランの語り部ガイドとともに踏破しましょう。

 

【開催日】

平成31年5月12日(日)

 

【集合場所】

那智山バス停(〒649-5301 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山442−2)
お車でお越しの方は駐車代500円が必要です。

 

【集合時間】

午前7時50分(終点の小口到着午後4時)

 

【参加費】

3,500円(ガイド代、昼食代)

 

【定員】

先着40名様(定員になり次第締め切り)

 

【参加条件】中学生以上で健脚の方

 

【コース】

那智山バス停(8:00受付)→熊野那智大社・那智山青岸渡寺→那智高原→舟見峠→地蔵茶屋(昼食11:40~12:10)

→石倉峠(崩落のため、う回路を通ります)→越前峠→胴切坂→楠の久保旅籠跡→円座石

→小口(16:00)→紀伊勝浦駅前(17:00)→那智山バス停(17:20)

※小口から紀伊勝浦駅までは、無料の送迎バスを利用できます

 

【ご案内】

・歩行距離約14・7km、高低差約800mの険しいコースです。

・歩行所要時間は約8時間

・地蔵茶屋跡以降は車の入り込める中継地点がなく、リタイアが難しくなります。

 

【お申込み先】
那智勝浦町観光協会までお申し込みください
TEL:0735-52-5311
営業時間:8時30分~18時00分まで(年中無休)

下記の申込み書もご利用ください    チラシのダウンロードはこちら

申込書のダウンロードはこちら

 

 

温泉総選挙2018で南紀勝浦温泉が総務大臣賞を受賞

全国の温泉地の魅力を競う「温泉総選挙2018」南紀勝浦温泉が総務大臣賞を受賞しました。

温泉総選挙は、日本温泉協会の関係者や旅行作家らてつくる「旅して日本プロジェクト実行委員会」が主催。今回3回目。

「外国人おもてなし部門」「絶景部門」などのほか総務大臣賞、環境大臣賞、地方創生大臣賞、観光庁長官賞を合わせた9部門に全国120箇所の温泉地がノミネートし昨年5月から今年1月末までインターネットなどで投票受付。総投票数は116万2014票。

南紀勝浦温泉は、温泉地としての知名度やイメージ向上の取り組み、マグロや地元米などの特産品と温泉を組み合わせたPRなど、広い視野を持ち合わせた地域活性化が評価された。

皆様、ぜひ南紀勝浦温泉にお越しくださいね。宿泊のお問い合わせは、南紀勝浦温泉旅館組合、那智勝浦町民宿組合ともに 電話0735-52-0048へ。当那智勝浦町観光協会のHPの宿泊のところでも公共の宿も含み情報をご覧いただけます


Notice: Trying to get property 'max_num_pages' of non-object in /home/cyberlinks5/nachikan.jp/public_html/webwp/wp-content/themes/nkur/archive.php on line 44

このページのトップへ