食べる・買う

農産物と熊野⽜

くろしおイチゴ

いちごビタミンを凝縮した赤。その鮮やかさは、黒潮のぬくもりと太陽の輝きがもたらした作品です。
黒潮が運ぶ暖かな風に包まれたここ南紀は、太陽と大地がおどる常夏の国。その恩恵を受けたいちごは、ひときわ大きな果実にたっぷり甘味をつめ込み、赤く日焼けしています。口の中で幾重にもひろがる味わいに、思わず笑顔がこぼれてしまいそうです。

お問い合わせ

観光協会 TEL 0735-52-5311

販売業者

中西商店 TEL 0735-52-0206

色川茶

茶摘みの様子色川から全国へ。
山林囲むこの地より、とれたての新茶を届けます。
広大な茶園が占める色川地区で栽培。
温暖な気候による早摘みの新茶が人気で、京阪神や関東方面にも出荷されています。雄大な自然の薫り、その深い味わいが特徴です。

お問い合わせ

観光協会 TEL 0735-52-5311

販売業者

色川茶業組合 TEL 0735-56-0121

めはり寿司

めはりずし受け継がれたふるさとの味。そのおいしさ、その大きさには目を見張ってしまいます。
山仕事人や筏師たちのお供としてここ南紀に広まりました。おにぎりを高菜漬けでくるんだシンプルな品ですが、食べやすさ、飽きのこない味わいに先人達の知恵がうかがえます。
長きにわたり当地で愛されてきたこの逸品、笹の葉にくるんでお持ちください。

お問い合わせ

観光協会 TEL 0735-52-5311

販売業者

めはり寿し二代目 TEL 0735-52-1670(現地食のみ)
川柳 TEL 0735-52-0860(弁当もあり)
食事処かいはみ TEL 0735-55-0313(現地食のみ)

作り方

  1. めはり漬の茎を切りはなします。(茎は捨てずにめはり寿司の具にします。)
  2. めはり漬は、お好みのタレ又はしょうゆに少しの間漬けておきます。
  3. 漬けおきしためはり漬をかるくしぼって広げ、ご飯と刻んだ茎を包めば「めはり寿司」の完成です。お好みでタレや具を工夫するとより一層おいしく頂けます。
    具 :かつお節など
    タレ:しょうゆ+みりん(お好みでお酒等を加えても)

みかん

ミカン

甘味と酸味の絶妙なバランス。
太陽と黒潮の風邪でできた本物の味。
季節に応じ色んな種類の柑橘類があります。

販売業者

中西商店 TEL 0735-52-0206

熊野牛

熊野牛イメージ紀州の豊かな自然と愛情が生んだ熊野牛。
熊野牛の始まりは、熊野詣が隆盛を誇った平安中期に遡ります。この時代に都から荷物を運んできた牛を熊野地方の篤農家が育てたのが起源とされており、後に品種改良のため但馬牛系統の血統を取り入れ、和歌山特産の高級和牛「熊野牛ブランド」が誕生しました。
紀州和歌山の紺碧の海と緑豊かな山々から湧き出る豊かな清水など恵まれた気候・風土の中で愛情と丹誠を込めて育てられた美味しい”和歌山ふるさとの味・熊野牛”をどうぞご賞味下さい。

お問い合わせ

田中精肉店
那智勝浦町築地1-1-9 TEL 0735-52-0537
牧場直売で安心して食べて頂けます。
全国へクール便にて発送承ります。

このページのトップへ